眼瞼下垂とは?手術は大変!?セルフケアはアイアクトで!

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂とは、目を開けようとしても瞼が上がらず、

視界が狭まってしまう症状のことを言います。
眼瞼下垂は先天性と後天性があります。
先天性のほとんどは瞼をあげる筋肉の形成や

発達の異常が原因となりますが、遺伝の可能性もあります。
後天性は、加齢によるものや、

ハードコンタクトレンズの長期装着、

ストレスが原因の場合もあります。

眼瞼下垂のセルフチェクの仕方を紹介するので、

気になる方は試してみてください。

まず顔を正面に向けたまま目を閉じて、

眉の上を人差し指で抑えます
この状態で目を開けた時に、額に力が入っていたり、

目が開けにくい、抑えた指を押し上げてしまう場合は、

眼瞼下垂の可能性があります。

眼瞼下垂は早めに生活習慣を見直すと予防することができます。
瞼を強くこすらない事が大切なので、

アイメイクを落とすときは優しくクレンジングしましょう。
また目の周りの筋肉が緊張しすぎるのも良くないので、

長時間パソコンやスマホの画面をみる時は、

集中しすぎない様にして、

時々画面から目を話す様にすると良いでしょう。
ハードコンタクトよりはソフトコンタクトの方がオススメです。
また軽度であれば、瞼に貼るテープや

接着剤を使用し自分でケアをする事もできます。
目の周りの筋肉の疲労を感じた時などは、

おでこと眉を手のひらで抑えて、瞼の力だけで目を開けるトレーニングを20回を週に2回程すると改善できます。

症状が重い方は、眼科で手術をされる方もいます。
体にメスを入れるので、術後に自律神経の不調

薬の服用が必要になる方や、

目が大きく開いて乾きやすくなってり、

片方の手術を行った方は、左右の目の開きに差が出ることがあります。
手術費用は保険が効くので7千円から2万円程で

比較的低下価格で受けることができます。
ですが、手術後は腫れもあり、

体調により個人差はありますが、1週間から1ヶ月も続くことがあります。

眼瞼下垂をセルフケアできる方法があります→アイケアの詳細はこちら

アイアクトの効果と使用方法

アイアクトは眼瞼痙攣専用に開発された

独自の成分を配合していますが、

アイアクトの開発には大変な企業研究があったそうです。

当時は「瞼の専門機関」が少なく、

患者さんも治療も痛みを伴う注射がメインだった為、

患者の苦痛も大きかったそうです。
患者さんが、手軽にケアができる商品を作りたいと、

試行錯誤を何度も繰り返し、

ようやく商品として世に出すことができたそうです。

「ご家庭で手軽にケアできる」がコンセプトの商品なので使い方はとても簡単です。

まずクリームを手に取り、瞼の周りから眉間からおでこに軽く伸ばすように塗っていきます。
ここまでたった10秒です。
瞼の痙攣が強い方は頬、首+肩にも塗ると効果が高まります。

アイアクトの成分は

アルジルリン、シンエイク、プロジェリンカプセルをトリプル配合しています。
この3つの成分の効果をまとめました。

・アルジルリン、シンエイク…塗るボトックスとも言われてる成分で、目の筋肉の緊張を和らげてくれる効果があります。
・プロジェリン……加齢による深いシワを改善してくれる効果があります。

ボトックスと聞くと副作用等が不安になる方もいると思いますが、

アイアクトは無添加・低刺激にこだわって開発されているので、

子供からお年寄りまで安心して使えます。

>>手術の前にセルフケアできるアイアクトの詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました